CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

モンタ30

モンタ満30歳ならではのブログ。今年限定。
<< Mozilla(firefox)でouterHTMLを実現する | main | [モン研]piclusプロジェクト途中経過 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ゲーム機本体を貰う癖をもつ夫婦
僕には2人の姉がいるのですが、そのうち3つ上のモンタ家(次女)の方の思い出から綴るエントリー。

WiiやニンテンドーDSが欲しいわけなんですが、思い起こすと僕は29年間というものほとんどゲーム機の類を購入してなかったなぁ。という話。

カミさんの場合は兄がおり、僕もカミさんもゲームメディアは姉・兄に牽引されていた部分が大きかったんだ。と。

基本的にゲームメディアに対する思い入れは「お下がり思想」に染まっていて、
”人は新しいもの(ゲーム)に熱狂し、そしていつしか飽きる”ということを踏まえたうえで、1世代古いゲームを待ち望んでいるような世代なのだと思った。

お小遣いやバイト代を駆使して、ポーンとス―ファミやらPSやらを買っていたのは姉であり、当時夢のようにファミコンゲームを所持していたトンズ君もまた、それは彼のお兄さんがガツガツ買い揃えていったメディアを、兄の留守中にこっそりと拝借するような感じなのでありました。

PS1も、PS2もカミさんのお兄さんのお古だったり。

こう考えると、あと3年もたてば、我が家にWiiやDSが流れてくるような気になってしまう。他力本願の買え控え世代。

携帯も型落ち激安機種をポイント割引で買うというのが主流。
デジカメや液晶テレビ、DVDレコーダーなどの家電についても同じオーラを感じる。

僕がコグレさんに(一方的かつ妄信的に)「兄的存在」を感じるのは、新しいものに対しての積極的な姿勢なのかもしれない。
あ、これって僕が楽しみにしているブロガーの皆さんに共通して抱いてしまう「憧れ」なのかしら。

おわり。
| 特にコレといったものはない | 17:14 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:14 | - | - | pookmark |









http://ideamonts.jugem.jp/trackback/108
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/24 12:00 AM |