CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

モンタ30

モンタ満30歳ならではのブログ。今年限定。
<< 子連れ父の外遊時の装備を再考 | main | ソーシャルメディアなビジネスとはCGMとSGMの媒介である >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「おれ文章かけねぇ」となったら山田ズーニー先生
ブログとはまた違う、仕事でモノを書く。ということについて。

まさかこんなに文章を書かなければならないなんてなぁ。とも、
とはいえ、インターネットって結局、文字と絵でしょ。とも思います。

僕が最近、文章を書けなくて苦しいな、なんてことを感じているのは、
正確にいうと論理的思考力が足りない。ということで、
これは、文字でも絵でも、あと身振り手振りでも一緒なのだと思います。

つまり、僕の場合は、他者理解と自己表現の基礎が全くもってなっておらん。
ということが、「文章が思うように書けん」という気持ちの根本の原因のようなのです。

ここまでが長い前置きなんですが。
そういう時、山田ズーニー先生の本に出会って、眼からウロコどころじゃないものが噴出しました。
伝わる・揺さぶる!文章を書く (新書)

ロジカルに物事を整理すること。だけでなくて、
そこに読み手の気持ちを考慮する。読み手との対話・共感を得るためのエモーショナルな部分を忘れないように。文章を書く。

情報伝達という広い意味でのコミュニケーション全般にいえる教科書として
モンタ29歳にして勉強中です。という日記。
| 日々精進 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:36 | - | - | pookmark |









http://ideamonts.jugem.jp/trackback/13