CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

モンタ30

モンタ満30歳ならではのブログ。今年限定。
<< 年賀状用の撮影とクリスマスプレゼント | main | 開始までは長い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
カミさんのクリスマスプレゼントを探す、ネットでの消費者行動分析
カミさんのバッグがクタクタで、
いつもいつも本当にごめんなさい。ということで、ひっそりとクリスマスプレゼントにと考えていた。

しかしながら、カミさんのピンとくるアイテムと、
「これ好きだろうなぁ」という読みは、必ずしも一致しない。

できれば、一緒にウィンドウショッピングから吟味をスタートするのがベストなんだけれども、なかなかその時間が無い。

時間が取れても、ついつい息子(3.1)の身の回りの補充になってしまう。


こんなケースだからこそネットじゃん。といまさらながらに気づき、
ブランドとか、流行り廃りが全然見当つかないので、
ZOZOで検索する。

ここの「バッグ WOMEN'S」検索結果は他のどのモールサイトよりも精度が高いのではないかと感じているから。

ここで、バッグの詳細なカテゴリ分類を知り、
価格帯と、「これはピンとくる可能性が高い」という形と色を把握し、
いざこれだ。というものを絞り込んだ。


結果、UNITED ARROWSのセレクトアイテムだったのだけれどもSOLD OUT。

こうなると、一消費者の僕は俄然 希少性が高くなりどうしてもゲットしたくなってしまった。

・UAってことはLICLISで扱っているか?で探す→なし

・元はCath Kidstonというイギリスのブランドらしいぞ。ということで、ググる
→けっこう楽天でも取り扱っている。輸入代行モノか?でもSOLD OUT

・国内の正規代理店サイトを見つける
 →SOLD OUT

うーん、そもそも製造点数が少ないのか、人気商品なのかは判断できないけれど、ないものはないのだろうか

※...ここらあたりで、カミさんにピンとくるであろうバッグは、これしかない。とまで思い込んでいる。

正規代理店(リアル店舗)が代官山にあることを知る。
直接行って在庫があるかどうか聞いてみるか?
 →お問い合わせフォームがあったのでメールを送ってみる



結果、兵庫に本部をもつ、正規代理店から「1点だけあります」のご返信。

※...のこり1点というのも、とても重要なセールストーク手法なのかもしれないが、この時点で「買わない理由はない」状態になっている


経てして、僕という一消費者は、全く漠然としたイメージからスタートして、「これを手に入れることができて幸せ」とまで変化を遂げた。

問題は、この過程が1サイトに留まっていないこと。
ZOZOとLICLISとGoogleと正規代理店サイトがなければ、
直接リアルなお問い合わせができなかった。

消費者とって、「SOLD OUT」「のこり1点」といった情報は、
意識としては1店舗に限ったことではない。
一度欲しくなったら、この世の在庫を確認する勢いだということを我ながらに実感した。


このサイト間の移動にはコツが必要だった。
ならばそこに、新たなサービスの商機が眠っているようにも感じた。

もし、これでも在庫が無かったら
・個人輸入代行で直接本国ブランドから購入
・オークションで出品されていないか?

まで、実行するかどうかはわからないが、ここまで「探す」という行為は続けていたと思う。


消費者を侮る無かれ。と。

まずは、精度の高い絞込みと陳列を。
狙いが定まったら地の果てまで在庫を確認し、なんとしてでも売る。

EC商人に求められていることはとてもグローバルだなぁと思った。
| 日々精進 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:48 | - | - | pookmark |









http://ideamonts.jugem.jp/trackback/174