CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

モンタ30

モンタ満30歳ならではのブログ。今年限定。
<< カミさんのクリスマスプレゼントを探す、ネットでの消費者行動分析 | main | バレエ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
開始までは長い
ロンチが延びるということは、
いままで妥協していた部分も詰めることができる。という意味でもある。

この際、システムに遠慮していたユーザビリティ面の要望を全てお伝えした。
元々、ウチは開発会社であり、幼馴染と同級生の開発者と一緒にモノを作ってきたので、
彼らがストレスと感じる部分、非効率な要求、モチベーションの要点は大体予想できるようになっていた。

システムは(システムなだけに)、出来上がりのイメージが確定しない限り次に進むことができない。いや、リスクが高すぎることを熟知しているし、リスク管理こそがシステム屋さんのキャリアなんだと思う。

反して、制作を担当する僕は、お客様の頭のイメージを具体化していくお手伝いをしている。
イメージは固体ではなく、グニャグニャと常に形が変わる。
デザインは、その瞬間のイメージを形にしたものでしかないので、
僕にとってNoである要件はない。

判断要素として、人モノ金時間のものさしは食べていくためには仕方がないのだけれども、Noを返して、元のイメージを壊してしまっては元も子もないのだ。

僕にとっての最大のリスク回避策とは、お客様の最高にたのしそうなイメージを形にすることである。
出会い始めから最高のイメージを形を共有できるようになるには、

僕=楽しくて良いものを作らないわけがない人

という信用がなければ、無理。
今の僕の段階では、それはある意味「期待を裏切る」結果を返し続けなければ信用は現状維持のままになってしまう。

結局、粘り強く、お客様のイメージを共有して、キャッチボールをしないことには
勝機は生み出せない。

システムに好まれるデザイナーとは、
発端から出来上がりをリアルに描ける人のことを指す。

むしろ、はじめに描いた出来上がりを、いかにお客様に納得いただくか。
のコミュニケーションが巧みな人は揺らぎがないので、開発に渡るリスクは低い。

僕の身近にある、大きく成長し続ける制作会社は、「交渉力」に長けていると感じている。緻密に練り上げられた作業工程を着実に達成し先導する能力を持った方が多い。

僕は本気で制作でいまの会社を大きくさせようと決心したとき、
相手に自分の気持ちを思い込ませる能力よりも、
相手と一緒に同じことを思い込む能力が欲しいと思った。

自分が、大人気の有る交渉力を習得するのは非常に大変なことだ。
だけれども、相手と一緒に楽しむだけ楽しんだ挙句、しっかりと形に残す。
っていうのもまた大変だ。

どっちの大変が自分に向いているかというと、後者である。
後者でやっている自分が楽しいから今も続けていられる。

「無責任」であえなくつぶれる危険もあるし、
楽しいことには際限がない。気分によって仕様も変わる。
結果、システム屋さんにもかなりの不安を与えることになるだろう。

でも、僕はこういうやり方で制作をしない限りは、楽しそうな制作会社にはなれない。
と思っている。
職員室みたいな大人気のある職場はもうこりごりだ。だから今に至っているんだ。

とかなんとか思いながら、奮起する。
もう少しではじまりだ。















| 日々精進 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:48 | - | - | pookmark |









http://ideamonts.jugem.jp/trackback/175