CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

モンタ30

モンタ満30歳ならではのブログ。今年限定。
<< 開始までは長い | main | 息子は知っている >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
バレエ
深夜にバレエをそれとなく観た結果、惹きこまれました。のエントリー。

予備知識が一切ないけれど、形と動きが美しい。
ここまでくるのには相当の年月がかかっていて、現在では完成されたもの+アルファを観ることができるというのは運がいい。

僕は現世でも、来世でも来々世でもバレエを人前で披露できる人間にはなれないけれど、
「一体これって何?」と思える要素がぎゅうぎゅうに詰まっているバレエの世界を観るだけでもじゅうぶんに楽しめる。

男女の性を越えているかと思えば、男女の性を持たなければ意味がない動きと形の表現があって、きっとそのパーツ一つ一つに歴史(いきさつ)と意図があると思うので、
知れば知るほど観るのが楽しくなるのだろう。

女性の美しさの表現を追求すると、チチやお尻の人間らしいふくらみが余分になる。というパラドックス。
(体全体の動きのしなやかさの表現の邪魔になる)から、とっぱらっちゃう。

男性のイチモツのふくらみも、余分。(多分歴史上とっぱらっちゃった人も多かったのかもしれないな。などと妄想)ゲイの方が多いと聞いたことがあるが、性の境界が曖昧になる気持ちもわからないでもない。(それでも肉体は男ならでは。であって、極める必要がある。なんていうのは傍から観ててもとても過酷だ)

男女ペアの動きは、ダイナミックでしなやかな、高く空を飛んだと思えば、柔らかーく着地。だとか、音楽にリンクして、人間がここまでやっちゃうのか。という衝撃は、
同じ時間帯のカウントダウンTVで小刻みに動いていたBoAさんよりも、だいぶ前に行き着くところまで行っていた感がある。

文献を探そう。
| 特にコレといったものはない | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:34 | - | - | pookmark |









http://ideamonts.jugem.jp/trackback/176