CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

モンタ30

モンタ満30歳ならではのブログ。今年限定。
<< 姉の挙式と絵について | main | 焉用佞 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ネガティブメモ
帰省する度に、地方で暮らす。という選択に絶望を感じる。

僕の田舎は、地方の中の地方にあり、
市町村合併の潮流からも取り残されているような、
典型的な限界集落の一つだ。

たま〜に帰るだけでは、格差社会を実感することは難しいのだけれども、
「ここで暮らしていけるか」
を考えた途端、自分で創り出さなければならない項目が山積する。

生業がネットを介しているのだから、僕はまだ有利なほうだとは思うけれども、
北海道で生業を創り出すことを考えていると、
だったらインドや中国の方がよっぽど夢があるんじゃないか、
ユーロ圏の方が、経済的にも文化的にもエキサイティングな人生を送れるんじゃないか、

と、
地元で暮らすことは、海外で暮らすこととと同位かそれ以上リスキーな選択のように感じてしまう。

正月特番の朝生を観た。
72ヶ月続いた戦後最大の好景気(マイナス成長でない。という意味)は、
今年1〜3月をピークに、緩やかな下降へ方向を代えるという話。

およそ10年かけたのっそりと実感のない、経済成長はまた、
だらだらと10年近く後退し続けるのだろうか。
むしろ、20年前のよりも事態は悪化していて、いまから10年後にv字回復する体力がこの国に残っているのだろうか。

BRICsのうちのどこかへの移住を考えたほうが、北海道の不動産情報を舐めるよりも
よっぽどサバイブできるんじゃないだろうか。

今年の目標メモ
・英仏独、言語に触れる
・日以外の言語圏での、自分の実力を知る





Espresso Diary@信州松本
http://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/archives/51873557.html

斉藤久典さんのブログはいつもリアル。
| 疲れ気味文 | 17:35 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:35 | - | - | pookmark |
東京生まれ
東京育ち
東京で仕事

してると地方の事は正直わからないので参考になります。

旅行に行くと「あれ?」とは思うものの、所詮旅行者視線ですので。


>>ユーロ圏の方が、経済的にも文化的にもエキサイティングな人生を送れるんじゃないか


この気持ちもよくわかります。ユーロ圏と言っても結構ズタズタなんですが、日本より可能性があります。東欧なんかこれから下がるなんて事なく、上がるしかないんじゃないだろうかとも思います。

長文失礼しました

| クルックル | 2008/01/15 10:15 PM |
クルックルさんコメントありがとう。

僕は逆に、BRICsのうちのIしか体験(しかも放浪)したことがないので、リアルじゃないのかもしれませんが、

それでも、たった数日東京を離れるだけで、この国の活気のなさと徒労感を見て取ることができてしまうんです。
(単純に僕が疲れてるだけなのかも。冬の北海道。というのも大きかったのかな...)

僕が生まれる前から、この国の方々の多くは走り続けてきたのですけれども、
僕の親をみていると本当に「息抜きの仕方」を知らないなぁ。と。

僕も段々似てきてしまっています。


おそらく僕らも走り続けなければならないのでしょうけど、
もうちょっと上手にやりたいですねー
| モンタ30 | 2008/01/15 11:46 PM |









http://ideamonts.jugem.jp/trackback/185