CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

モンタ30

モンタ満30歳ならではのブログ。今年限定。
<< 引越ししたい期 | main | 業務中に寝る について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
フィールドSEは超高待遇に
とある基幹システムは、天才プログラマーの支配下にあって、
お客様からの要望を湯水のようにワラワラといただいている。という場合。

まず第一に天才プログラマーの身を案じるのは当然として、
それ以前に、彼が仮に継続不能となった場合、天才の継投は致命的に大変だ。

ということと、
お客様と開発者の温度差がどんどん開いてしまい、
冷え切った関係の中で淡々と要件を消化していく。

という悪循環に陥りかねない。

信頼関係の無い状況での開発が、いかに胃と精神にダメージを与えるか。
ということは、自分も経験が少なからずあるので、想像しただけで胃液がピュウピュウと出てくる。

僕は、制作を担当するのと同時に、営業兼プロデューサーである某氏と、常に近い距離にいることができたので、お客様の要望の裏の焦りやプレッシャーなども共有することができて、早い段階で「運命共同体」的な関係を築くことができた。という経験をした。

設計もデザインも、見栄面の要件についても、いままでになく重荷ではあったけれど苦痛ではなくて、モチベーションを維持しながら制作に打ち込むことができたのは幸運だった。

その一方で、
「自分のことを何も考えてくれていないんじゃないか」
というような趣旨の怒りの矛先が開発側へ向かい、
結果として誰も矢面に立たず、
対応は後手に回り。...といった、
嫌〜な空気が醸成されてしまった。

プロデューサーでありプロジェクトマネージャーであり、営業であり、経営コンサルでもある某氏とお客様が抱く
夢と、その裏返しの不安要素。

夢を形にする。困難は解決できる。という希望をお返しするのは、デザイナーだけの仕事ではなくて、やっぱりもう片方に開発担当が常に列席するべきだった。

それがフィールドSEの役割である。
のだけれども、
政治的・立場的・作業的なリスクがとても大きいということを、
幼馴染で弊社CTOの某氏から結構聞いていた。

それはそれは「あなたよく生き延びたね」というか、だからこそいま彼がここにいる。
というか、
大きなプロジェクトのババを引きやすい役目だな。ということは知っている。

しかも、デザインと違って、優れた機能というのは目に見えるわけでなくて感じるものなので、
結果「できて当然」ということになってしまうことが多い。
反面、出来なかったときの失望はデザインよりも致命的だ。

絶対失敗もせず、納期を守り、高機能にせよ。
というのが命題なんではなくて、
そうするには一緒に苦楽を共にしましょう。って関係を築く技術が必要なんだろうな。

失敗しても、「人間は失敗して当然」と納得できる方法というのはいくらでもあるように思う。

待遇は現状の250%増しでもいいと思うので、もっともっと首を突っ込む人が必要。
弊社のケースでは特に開発で。
という話。

| 日々精進 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:51 | - | - | pookmark |









http://ideamonts.jugem.jp/trackback/200