CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

モンタ30

モンタ満30歳ならではのブログ。今年限定。
<< 子供に誕生日プレゼントを初購入する父親を考察 | main | プール熱もしくはアデノウィルスと息子が格闘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Webデザインと、何か
あるWeb制作のお話をいただき、感じたこと。

制作には、ホームページを作成するという実務の面ともうひとつ、
お客様のビジョンを共有する、引き出す、広げる。という創作の側面を併せ持っていると思っています。

何かアクションを起したい。という期待のウラには、大きな不安や危機意識がある。

ディレクションやデザイニングなど実務では、お客様の期待に応えることが命題としてあって、プロデュース、コンサルティングというのは問題意識の共感、不安・障害を共有して、解決することが求められているのだな。と。

相反するものでもなく、両方持ち合わせていなければビジネスとして成立しないわけで。
一緒に夢も現実も観て、今できることを確実に実現させる。というバランス。

「いいものを創れば文句は出ない」
これは、僕が前職でお世話になった先輩からもらったふとした一言。
おそらく、これは実務における究極の形だと思う。

「モノやカネじゃないプライスレスな価値が必要」
と、うちの社長は話す。

プレイヤーとして技を磨くことに偏るな。と暗に諭されたような気がした。
| Webデザイニング | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:22 | - | - | pookmark |









http://ideamonts.jugem.jp/trackback/32